-

為替介入(外国為替市場介入)というのをご存知でしょうか?日銀が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、雑誌、テレビ番組、グーグル等の報道記事で見たみなさんも多いでしょう。元より外国為替市場介入(為替介入)というのは日本では、大臣(財務大臣)為替の安定を実現するように遂行する手はずと考えられています。簡潔に言うと、急激な円高または円安になった際に財務大臣の指図に従って日本銀行が円を売買することで為替の相場を安定化させるといったものです。為替介入(外国為替平衡操作)はいくつか方法があるのです。1.単独介入・・・行政機関または日銀が東京市場で自ら市場に加わり外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議したうえで、各々の銀行などが持っているお金を利用してタイミングを合わせてもしくは引き続いて為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。3.委託介入・・・異国の通貨当局に外国為替市場介入(為替介入)を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに代えて為替介入(外国為替市場介入)を遂行する。こんな方法があります。どの種類の為替介入(外国為替市場介入)も一時、もしくは連続的に為替の市場に大きな影響力を与えるでしょう。為替介入(外国為替市場介入)の額はさすがにプライドをかけて行なうのですからスケールが大きいです。円を例にして例えると、普通は少しだけ動く為替レートが突然数円の変化をします。投資家の方なら過去に経験があると思いますが、そこまでは見込み通り利益(あるいは含み損)が増加していた持ち高を持ち続けていたにもかかわらず、その持ち高が決済しましたとの内容の通達が外国為替の会社からEメールが来ました・・・いくらくらい儲かったのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済の報告を見たところ、自らが期待していたものとはまったく反対の内容になっていて度肝を抜かれたとのケースがよくありました。為替の介入が実施された時に多く聞く話です。こういったことから介入が実施されることで市場の流れとまったく反対の変化をします。まして動く金の幅は相当大幅に変わりますので気をつけましょう。