-

外国為替証拠金取引をやる魅力は、単独の商品であるのに資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの中からいずれをチョイスするのかで、投資の方法が大きく変わってくるという部分にあると言います。外国貨幣への投入の「長期」を詳しく見てみましょう。長期スタンスというのは、一年以上の投資期間を前提にしているものです。だいたい為替相場で、一年も後の為替のレートが円高だろうか、反対に円安なのかを予言することは、たいてい無理に近いです。実際は「先の状況は未知数です」と思うのが本当のところなのです。予言もできないものをがんばって推測しようとしたところでそんなことは無意味なことです。そのことから、外貨を買って、その価値よりも円が高くなったとしてもその損失分は少し経てば戻ってくるはずだというポジティブな思いで売り買いに臨むことが必要です。儲けを狙うことに限らず他からの利益、スワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということを、ターゲットということにして出資してみましょう。当たり前ですが、少しの期間で為替の差損にマイナスがひどく膨らむことがあります。そんな訳でこういう場合のような損でもさほど影響を受けないよう、レバレッジをなるべく少なめにトレードする心がけは必要です。外国為替証拠金取引は損がある範囲を超えて拡大してしまうと追い証を出さなければならなくなったりもしくはロスカットになったりします。ロスカットがかかったら、そこで売り買いを清算しなければならず長期投資ができなくなります。このような危険から逃れるにはレバレッジ2?3倍くらいでトレードすることです。今度は中期スタンスを狙った売買です。中期の投資の場合最長でも1?2ヶ月位後々を見越してのやり取りとなります。為替の取引の場合、およそ1ヶ月ほど先のことはほとんどの場合予測できるでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような閣議やマーケットに参加している人たちがどんなポイントに関心を持っているかを確認してみれば割りと予知できるでしょう。こういった経済の状態を見つつ、チャートを参考にすることで、レートの状況を理解する事ができ、取引を見定めるべきです。基本的に経済の基礎的条件とテクニックの両方とも良い方向であり、もしくはどちらも買い傾向が一致している時は、ほとんどそのまま行くと考えて間違いありません。そこで持ち金を増やすともっと大きい儲けを獲得できると思います。最後に短期トレードの狙いどころです。この短期のスタンスは、いわゆるデイトレードを意味しています。為替市場で日計り取引をするにあたり経済情勢は決して関係ないと明言していいです。それは次の日の為替のレートの動きに経済情勢は関連がないからです。ここで、最大のポイントは大きな出来事があり、それによってレートが大幅に動く一瞬を見過ごさないよう行動することです。たとえば、米国で雇用情勢が公示されるそれとも金融政策などにより金利が変化するといった出来事。こういった瞬間的な変わり目を逃してはいけないとの理由から、短期のトレードは高度なものが欲しいところである。